【プラズマクラスターについて使用してわかる範囲の効果】と【口コミ】お手入れ簡単SHARP(シャープ)気化式加湿器

2010年製のSHARP(シャープ)プラズマクラスター気化式加湿器「HV-Z30CX」(右)と 2010年製のSHARP(シャープ)プラズマクラスターイオン発生機「IG-BC15」(左)の画像です。
↑これは私が所有している2010年製のSHARP(シャープ)プラズマクラスター気化式加湿器「HV-Z30CX」(右)と 2010年製のSHARP(シャープ)プラズマクラスターイオン発生機「IG-BC15」(左)です。

日本の10月頃から4月頃までの秋から冬を過ぎ春先の季節にかけては、湿度が大変低くなります。(参考:日本気象協会)

オーディオ機器に関しては湿度は少ない方がいいですが、私たちの体は湿度が下がり乾燥すると、皮膚がカサカサになったりのどが炎症を起こし、風邪をひきやすくなったりします。

また、住宅は乾燥すると木造などは特に燃えやすくなり火災も広がりやすくなる原因になるのではないかと思います。

そんな問題を少しでも和らげるために、加湿器を使用して部屋の湿度を一定に保つといいですね。

今回は、

  • 「プラズマクラスター」とはなにか?
  • 「プラズマクラスター」とはどのような効果があるのか?
  • 使用した範囲で気づいた「プラズマクラスター」の効果
  • 適正な湿度
  • 10年近く使用しているSHARP(シャープ)プラズマクラスター気化式加湿器「HV-Z30CX」の感想

などをご紹介します。

こちらは、2021年9月に新しく発売されたプラズマクラスター加湿器「HV-P30」です。

クリックできる目次

プラズマクラスターとはなにか?

SHARP(シャープ)の加湿器、エアコン、空気清浄機などには「プラズマクラスター」という技術が施されています。

「プラズマクラスター」とは、においの元となる物質や花粉などを「イオン」が吸着して空気中に漂うことを抑制する技術だと私は理解しています。

↓以下に説明を載せています。

プラズマ放電によりプラスとマイナスのイオンが発生

空気中の水や酸素をイオン化するために、水にプラスの電荷を、酸素にマイナスの電荷を与えるプラズマ放電を利用した仕組みをシャープは考えました。放電電極に電圧をかけてプラズマ放電することで、空気中の水と酸素から水素のプラスイオン(H+)と酸素のマイナスイオン(O₂)が発生します。

各イオンがクラスター化して安定

発生したイオンはそのままでは非常に不安定な状態にありますが、水分子が粒子に集まる「凝集性質」により、それぞれのイオンを水分子が取り囲み、安定したクラスターイオンとなります。

自然の力を応用した作用抑制メカニズム

発生したプラズマクラスターイオンは空気中に浮遊する菌などの表面でプラスイオン(H+)とマイナスイオン(O₂)が結合し、OHラジカルに変化します。非常に酸化力の強いOHラジカルは、主にたんぱく質で構成されているカビ菌や菌などの表面から水素原子(H)を素早く奪い取ることで、その作用を抑制。OHラジカルは奪い取った水素原子(H)と結合し、反応後は速やかに水(H₂O)となって空気中に戻ります。また、プラズマクラスターは「+」と「ー」両方の静電気を除去できるので、花粉や微小な粒子が壁などへ付着することも抑制します。

引用元:SHARP CORPORATION 「プラズマクラスターって何?」URL:https://jp.sharp/plasmacluster/about/

プラズマクラスターとはどのような効果があるのか

プラズマクラスターの効果

人の暮らしを心地よくするプラズマクラスターは、イオン濃度を高めることで空気浄化力の向上に加えて新たな効果も実証。イオン濃度が高くなるほど、効果も上がります。

引用元:SHARP CORPORATION 「プラズマクラスターについて-どんな効果があるの?」URL:https://jp.sharp/plasmacluster/effect/

空気浄化(浮遊)

・浮遊カビ菌を除菌※1

約25m³(約6畳相当)の試験空間での約14〜49分後の効果です。(空気清浄機の場合)

・浮遊ウイルスの作用を抑える※2

約25m³(約6畳相当)の密閉した試験空間での約9〜18分後の効果です。(空気清浄機の場合)

・浮遊菌の作用を抑える※3

約25m³(約6畳相当)の密閉した試験空間での約14〜51分後の効果です。(空気清浄機の場合)

・ダニのふん・死がいの作用を抑える※4

約25m³(約6畳相当)の密閉した試験空間での約14〜51分後の効果です。(空気清浄機の場合)

・アレル物質(花粉)の作用を抑える※5

約25m³(約6畳相当)の試験空間での約16~29分後の効果です。(空気清浄機の場合)

消臭

・タバコの付着臭を分解・除去※11

約41m³(約10畳相当)の試験空間での約30~90分後の効果です。(空気清浄機の場合)

・衣類に付着した汗臭をスポット消臭※12

約6時間後の効果です。(空気清浄機の場合)

・部屋干し衣類の生乾き臭をスポット消臭※13

約3時間後の効果です。(空気清浄機の場合)

・付着した排せつ物臭を消臭※14

約41m³(約10畳相当)の試験空間で約6時間後の効果です。(空気清浄機の場合)

除電

・静電気を抑える※15

約41m³(約10畳相当)の試験空間での約1.4~13秒後の効果です。(空気清浄機の場合)

フェイスケア

・お肌にツヤを与える※16

約10畳の試験空間での約20分後の効果です。(空気清浄機の場合)

環境

・ストレスがたまりにくい環境をつくる※17

約20畳相当の試験空間での約8時間後の効果です。(空気清浄機の場合)

・集中を維持しやすい環境をつくる※18

約20畳相当の試験空間での約8時間後の効果です。(空気清浄機の場合)

  • 使用場所の状況(温度・湿度、広さ、形状、エアコン・換気などの使用の有無、商品の設置場所など)や商品特性、使いかた(イオンの吹き出し方向・運転モード・運転時間など)、個人によって異なります。
  • 実使用空間での実証結果ではありません。記載している効果は一例です。商品毎の効果は各商品ページをご覧下さい。
  1. <浮遊カビ菌> ●試験依頼先:(一財)日本食品分析センター●試験成績書:第15047086002-0201号/第15061723001-0101号●試験方法:約25m³の試験空間で日本電機工業会 自主基準(HD-131)の性能評価試験にて実施。●試験対象:浮遊した1種類のカビ菌。■試験結果:約14分で99%抑制。KI-EX100(KI-NP100と同等性能機種)の風量「強」運転で実施。約49分で99%抑制。FU-F28(KI-NS40より性能の低い機種)の風量「強」運転で実施。
  2. <浮遊ウイルス>●試験機関:ベトナム ホーチミン市パスツール研究所●試験方法:約25m³の試験空間で日本電機工業会規格(JEM1467)の性能評価試験にて実施。●試験対象:浮遊した1種類のウイルス。■試験結果:約9分で99%抑制。KI-AX80(KI-NP100より性能の低い機種)の風量「強」運転で実施。約18分で99%抑制。FU-A30(KI-NS40より性能の低い機種)の風量「強」運転で実施。
  3. <浮遊菌>●試験依頼先:(一財)日本食品分析センター●試験成績書:第15047086002-0101号/第15061721001-0101号●試験方法:約25m³の試験空間で日本電機工業会 自主基準(HD-131)の性能評価試験にて実施。●試験対象:浮遊した1種類の菌。■試験結果:約14分で99%抑制。KI-EX100(KI-NP100と同等性能機種)の風量「強」運転で実施。約51分で99%抑制。FU-F28(KI-NS40より性能の低い機種)の風量「強」運転で実施。
  4. <ダニのふん・死がいの浮遊アレル物質>●試験機関:ITEA(株)●試験方法:約25m³の試験空間にダニのふん・死がいのアレル物質を浮遊させ、アレル物質をELISA法で測定。■試験結果:約14分で99%抑制。KI-EX100(KI-NP100と同等性能機種)の風量「強」運転で実施。約51分で99%抑制。FU-F28(KI-NS40より性能の低い機種)の風量「強」運転で実施。
  5. <浮遊花粉アレル物質>●試験機関:ITEA(株)●試験方法:約25m³(約6畳空間)の試験空間に花粉のアレル物質を浮遊させ、アレル物質をELISA法で測定。 ■試験結果:約16分で抑制:KI-FX100(KI-NP100と同等性能機種)。約29分で抑制:KC-F50(KC-N50と同等性能機種)。風量「強」運転で実施。
  6. <付着カビ菌>●試験機関(株)食環境衛生研究所●試験方法:JISKI-NS40 Z 2911を参考にしてカビ菌を付着させた試験片でカビ発育面積を比較。■試験結果:3日後に増殖を抑制。KI-DX50(プラズマクラスター25000搭載機種)の風量「強」運転で実施。
  7. <付着ウイルス>●試験機関(株)食環境衛生研究所●試験方法:約25m³の試験空間で日本電機工業会規格(JEM1467)の性能評価試験にて実施。●試験対象:付着した1種類のウイルス。■試験結果:約7.5時間で99%抑制。KI-HP100(プラズマクラスターNEXT搭載機種)の風量「ターボ」運転で実施。約10時間で99%抑制。KI-BX50(プラズマクラスター25000搭載機種)の風量「強」運転で実施。
  8. <付着ニオイ原因菌>●試験機関:(一財)日本食品分析センター●試験成績書:第17097215001-0101号●試験方法:約28m³の試験空間で1種類のニオイ原因菌を付着させた試験片で、菌の除去率を算出。■試験結果:9日後に99%抑制。KI-HP100(プラズマクラスターNEXT搭載機種)の風量「中」運転で実施。
  9. <付着花粉アレル物質>●試験機関:(株)ビオスタ●試験方法:約21m³(約5畳空間)の試験空間で花粉のアレル物質を付着させた試験片で、アレル物質をELISA法で測定。■試験結果:約24時間後に抑制効果を確認。KI-HP100の風量「静音」運転で実施。(KI-NP100は風量「静音」運転時、KI-NX75、NS70、NS50、LD50は風量「強」運転時の効果です)
  10. <付着したペットの皮膚特有の菌>●試験機関:(一財)日本食品分析センター●試験成績書:第18089529010-0101号●試験方法:約28m³の試験空間で1種類の犬の皮膚特有の菌を付着させた試験片で、菌の除去率を算出。■試験結果:20日後に99%抑制。KI-HP100(プラズマクラスターNEXT搭載機種)の風量「中」運転で実施。
  11. <付着タバコ臭>●試験機関:当社調べ●試験方法:タバコのニオイ成分を染み込ませ試験片で消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約30分で気にならないレベルまで消臭。KI-HP100(プラズマクラスターNEXT搭載機種)で実施。約55分で気にならないレベルまで消臭。KI-BX50(プラズマクラスター25000搭載機種)で実施。約90分で気にならないレベルまで消臭。FU-B30(プラズマクラスター7000搭載機種)で実施*1 *2
  12. <付着汗臭>●試験機関:当社調べ●試験方法:汗のニオイ成分を染み込ませた試験片で消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約6時間で気にならないレベルまで消臭。FU-B30(プラズマクラスター7000搭載機種)で実施*2 *3
  13. <付着生乾き臭>●試験機関:当社調べ●試験方法:部屋干し衣類の生乾きのニオイ成分を付着させた試験片で消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約3時間で気にならないレベルまで消臭。FU-B30(プラズマクラスター7000搭載機種)で実施*2 *3
  14. <付着排せつ物臭> ●試験機関:当社調べ●試験方法:排せつ物のニオイ成分を付着させた試験片で消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約6時間で気にならないレベルまで消臭。KI-HP100(プラズマクラスターNEXT搭載機種)で実施*2
  15. <静電気>●試験機関:当社調べ●試験方法:5kVに帯電させた試験板で、0.5kVまで除電するのに要する時間を測定。■試験結果:約1.4分後。KI-HP100(プラズマクラスターNEXT搭載機種)で実施。約2.7分後。KI-DX50(プラズマクラスター25000搭載機種)で実施。約13分後。FU-D30(プラズマクラスター7000搭載機種)で実施。
  16. <お肌にツヤを与える>●試験機関:(株)総合医科学研究所●被験者:21名(36~63歳女性)●温度:約25℃、湿度:約45%●試験方法:安静状態で目じりの肌水分量を測定。■試験結果:運転20分以後に肌にツヤを与える効果が確認された。KI-BX50(プラズマクラスター25000搭載機種)の加湿空気清浄「中」運転で実施。
  17. <部屋に入ってからのストレス度合い>●試験機関:(株)電通サイエンスジャム●対象被験者数:大人20名、小学5・6年生の子ども19名●試験方法:約20畳の試験空間で、KI-HP100(プラズマクラスターNEXT搭載機種)の風量「中」運転で約8時間運転させた後の部屋と、KI-HP100を設置していない部屋に入ってからの脳波を測定し、ストレス度合いを分析●試験結果:KI-HP100を運転させた部屋において、1分後と5分後のストレス度合いに有意な差が認められた。*4 *5精神的ストレスの予防・治療などの効果を保証するものではありません。今回の試験結果には個人差があります。環境によっても異なります。〔長年、脳波信号解析の研究に取り組まれてきた満倉靖恵先生(慶應義塾大学理工学部教授)の監修のもと、人の感性を脳波から簡易的に分析できる感性アナライザ(株式会社電通サイエンスジャムと共同開発)を使用して計測〕
  18. <計算問題中の集中度合い>●試験機関:(株)電通サイエンスジャム●対象被験者数:大人20名、小学5・6年生の子ども19名、試験方法:約20畳の試験空間で、KI-HP100(プラズマクラスターNEXT搭載機種)の風量「中」運転で約8時間運転させた後の部屋と、KI-HP100を設置していない部屋で計算問題(クレペリン)を実施した際の脳波を測定し、集中度合いを分析●試験結果:KI-HP100を設置していない部屋において、1分後と10分後で集中度合いに有意な低下が認められた。*5今回の試験結果には個人差があります。環境によっても異なります。〔長年、脳波信号解析の研究に取り組まれてきた満倉靖恵先生(慶應義塾大学理工学部教授)の監修のもと、人の感性を脳波から簡易的に分析できる感性アナライザ(株式会社電通サイエンスジャムと共同開発)を使用して計測〕
  1. KIシリーズで「中」運転時、KC/FUシリーズで「強」運転時の効果。
  2. ニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、消臭効果は異なります。
  3. 吹き出す風の当たらない部分のニオイは取れません。
  4. 精神的ストレスの予防・治療などの効果を保証するものではありません。
  5. 今回の試験結果には個人差があります。環境によっても異なります。

参考:SHARP公式サイト

こちらは、2021年9月に新しく発売されたプラズマクラスター加湿器「HV-P30」です。

使用した範囲で気づいたプラズマクラスターの効果

SHARPの車載用プラズマクラスター発生機を車にセットした画像です。
↑車で使用できる「プラズマクラスターイオン発生機」です。こちらも2010年製でした。
車を買い替えた際に使用を中止していたので、撮影するために久しぶりに引っ張り出してきました。
フィルターを交換しなければ効果はうすいかもしれませんが、まだ使えますよ。

プラズマクラスターの効果の中で、実際に使用していて確かに効果を感じる項目があります。

それは「消臭」です。

私は、車で使用できる 「プラズマクラスターイオン発生機」 も以前使用したことがあります。

木造の家屋でプラズマクラスターの搭載された加湿器や空気清浄機を使用しても、

木造の家屋は元々通気性がありますし、プラズマクラスターの効果はわかりにくい部分があります。

しかし、車の中という狭く気密性のある空間で使用すると、

車に乗り込んですぐの臭いを、気にならないものにすぐに替えてくれていることに気づくことができます。

芳香剤が苦手な方にはいいと思いますよ。

(人それぞれ感覚に違いがあると思いますので、あくまでも私の体感です。)

こちらは、2021年1月に発売された新しいプラズマクラスターイオン発生機「IG-NX15」です。それぞれのボタンが「 IG-NX15 」で検索をかけたページへつながっています。カラーはホワイトとブラックがあります。

SHARP(シャープ)プラズマクラスター気化式加湿器「HV-Z30CX」 について

私が愛用しているSHARP(シャープ)プラズマクラスター気化式加湿器「HV-Z30CX」は2010年に発売されたものです。

加湿器を購入する際に重要視したポイントは?

以前使用していた加湿器は水垢を掃除中にセンサーか何かを削ってしまい、1年か2年しか使用することができませんでした。

それで、掃除をして壊れるような加湿器ではない掃除がしやすそうな加湿器であることを重要視しました。

SHARP(シャープ)プラズマクラスター気化式加湿器「HV-Z30CX」と最新式 「HV-P30」の性能比較(仕様表)

少しだけ省エネになり軽量になり「プラズマクラスター7000」が搭載された新しいモデル「HV-P30」が2021年9月に発売されています。

形名 HV-Z30CX HV-P30
周波数 50/60Hz 共用
消費電力 15/17W 9W
静音 約7/8W 2.5W
電気料金(1時間当り) 約0.33/0.38円※1 約0.25円※2
静音 約0.16/0.18円※1 約0.07円※2
加湿量 約265/295mL/h 約290mL/h
静音 約145mL/h 約145mL/h
運転音 約36/38dB 約38dB
静音 約23/22dB 約22dB
連続加湿時間 約9.0/8.2時間 約8.2時間
静音 約16.5時間 約16時間
運用床面積(目安)※3 木造和室 4.5畳(7㎡)/5畳(8㎡) 5畳(8㎡)
プレハブ洋室 7畳(11㎡)/8畳(14㎡) 8畳(14㎡)
タンク容量 約2.4L
電源コードの長さ 約1.8m
外形寸法 (幅)322mm×(奥行)159mm×(高さ)316mm
製品質量 約3.3㎏ 約2.8㎏
  1. 室温30℃で測定し、電力料金目安単価22円/kWh(税込)で計算しています。
  2. 電力料金目安単価は27円/kWh(税込)[2014年4月改訂](家電公取協調べ)で算出しています。
  3. 加湿の適用床面積(目安)は日本電機工業会規格(JEM1426)に基づき、プレハブ住宅洋室の場合を最大適用床面積とし、木造和室の場合を最小適用床面積としたものです。ただし、壁・床の材質、部屋の構造、使用暖房器具などによって適用床面積は異なりますので、販売店にご相談ください。

「HV-Z30CX」は取扱説明書を、「HVーP30」はSHARP公式サイトを参考にしました。

こちらは、2021年9月に新しく発売されたプラズマクラスター加湿器「HV-P30」です。

SHARP(シャープ) プラズマクラスター気化式加湿器「HV-Z30CX」のメリット

給水タンクの間口が広いので給水がしやすい

SHARP(シャープ)プラズマクラスター気化式加湿器「HV-Z30CX」の給水タンクの間口の広さを説明する画像です。給水タンクの間口の内側の直径は「8cm」です。
↑SHARP(シャープ)プラズマクラスター気化式加湿器「HV-Z30CX」の給水タンクの間口の直径は内側を計ったところ、「8cm」でした。

もう10年以上前のことになるので、記憶があいまいになってきていますが、

昔の加湿器の間口は小さくて、蛇口より少し大きいぐらいの大きさでした。

そのため、蛇口の水を無駄にしないように、水がこぼれてしまわないように少しずつ給水していました。

しかし、この加湿器の給水タンクの間口はとても広いので、蛇口を大きくひねって一気に給水することができるので早く給水を済ませることができますし、とても気持ちがいいです。

給水タンクのお手入れのしやすさ

上記でも記述していますが、昔の加湿器は給水タンクの間口が蛇口より少し大きいぐらいの大きさでした。

それで、給水タンクの中をキレイに洗うことはできなくて軽くすすぐ程度でした。

しかし、この加湿器の給水タンクは腕が給水タンクの奥まで届くほど間口が広く作られています。

間口の内側の直径を計ったところ、「8cm」ありました。

給水タンクの内側を軽くふき取るだけでもかなりキレイになるので、

完全に汚れを取り除いている訳ではないとわかってはいますが、安心感があります。

フィルターを買い替えると何年も使用することができる

この加湿器には青い「防菌防カビ加湿フィルター」を内部にセットして使用するのですが、地域や水道管の具合で違ってくるとは思いますが、こちらは1シーズン使用すると、水垢や水道管のサビの影響か黄色くなります。

8シーズンを目安に交換を推奨されています。

私は、過去に3回交換したと思います。

衛生面で考えると、数年おきに本体ごと買い替えた方がいいのかもしれませんが、

問題なく加湿できていますし、不具合も起こっていないので、こんなに長く使用することができて購入してよかったと思いました。

調べたところ、この交換用加湿フィルター「HV-FY3」は私の「HV-Z30CX」にも2021年発売の「HV-P30」にも対応しています。それぞれのボタンが「 HV-FY3」 で検索をかけたページへつながっています。画像の「送料無料」の文字は画像を使用させていただいている「ベストワン」さんに該当します。

こちらは、2021年9月に新しく発売されたプラズマクラスター加湿器「HV-P30」です。

SHARP(シャープ) プラズマクラスター気化式加湿器「HV-Z30CX」のデメリット

フィルターやトレーの汚れは落ちにくい

フィルターに水垢がついた時は水またはぬるま湯(約40℃以下)に、「クエン酸」を溶かしてつけ置き洗いをするよう取扱説明書には記載されています。

私は今まで、「クエン酸」を使用せずにぬるま湯だけで水垢を落とそうとしていました。

ここ数年、お掃除道具も揃えつつあり、「クエン酸」も自宅にあるので、そのうち試してみようと思います。

ディスカウントストアや100円均一ショップでも最近は購入できますよね。

それぞれのボタンが「クエン酸 激落ちくん」で検索をかけたページへつながっています。泡タイプのスプレータイプなども出てきましたよ。

「トレーは水垢が取れにくい時は合成洗剤(粉末)・「花王ワイドマジックリン」などをいれて30分おく」と 「HV-Z30CX」 の取扱説明書には記載されています。

調べたところ、「花王ワイドマジックリン」は2021年2月に製造を終了されています。

それで、 新しい「HV-P30」の取扱説明書をインターネット上で確認したところ、 「花王ワイドマジックリン」 の部分が「重曹」に変更されていました。

こちらも、このご時世で自宅の掃除から始めた時に「重曹」も購入していました。

こちらも、ディスカウントストアや100円均一ショップでも購入できますね。

いつも水ですすぐだけだったので、試してみようと思います。

それぞれのボタンが「重曹 激落ちくん」で検索をかけたページへつながっています。泡タイプのスプレータイプなども出てきましたよ。

適正な湿度とは

私の使用しているプラズマクラスター気化式加湿器「HV-Z30CX」の取扱説明書によると、

適正な湿度は「40%~65%」となっています。

以前は少しでも肌に潤いが欲しいと思い「うるおい(自動)」という設定を使用して、

湿度は「60%」を目安に使用していました。

しかし、窓の結露が気になりはじめました。

「結露」とは、暖かく湿った空気が冷やされ、空気中の水蒸気が水滴になってしまうことです。よく冷たい水を注ぐとコップの外側が曇って水滴が付きますが、これも結露の一例です。 同じように、外の気温が低いのに、暖房によって室内だけが暖かく湿度が高いと、冷たい外気に影響されやすい壁や窓の内側に水滴がびっしり付いてしまいます。

引用元:YKK AP株式会社(トップページ:https://www.ykkap.co.jp/)

結露は部屋の中の温度と外の温度差によっても発生するので、加湿器だけのせいではありません。

ですが、少しでも窓際のカビが抑えられないかなという思いで、現在は湿度「50%」を目安に生活しています。

自動で湿度を判断してくれる機能も搭載されていますが、私は最近は置時計に表示される湿度を見ながら、加湿器の電源をつけたり消したりして調節しています。

ニトリ製デジタル置時計「トロン(NA)」の正面から見た画像です。
↑ニトリ デジタル時計トロン(NA)です。電波時計なので、自動で時計を合わせてくれるので便利ですよ。

私が使用している置時計はニトリ デジタル時計トロン(NA)です。木目調に惹かれて購入しました。

ニトリのYahoo!店と楽天市場店では発見できませんでした。。。(2022年1月現在)

SHARP(シャープ) プラズマクラスター気化式加湿器「HV-Z30CX」の総合評価

以前の加湿器は、私が上手にお手入れすることができずに1~2年で買い替えることになってしまいました。

しかし、このプラズマクラスター気化式加湿器「HV-Z30CX」 は、

フィルターさえ交換すれば、10年以上使用することができているので、大満足です。

「プラズマクラスター」に関しては、日常で使用する中で効果に気づくことは難しいものが多いです。

ですが、「プラズマクラスターの特徴」の項目でも述べましたが、

消臭」だけは効果が実感できますよと私は言うことができます。

そういう部分から、「ストレスがたまりにくい環境をつくる」「集中しやすい環境をつくる」という特徴があげられているのかなと思います。

「掃除がしやすい」という項目に関しては「すごく簡単ですよ!!」とは言えませんが、

以前所有していた加湿器よりはとてもお手入れが簡単ですし、加湿できなくなることもないので満足しています。

こちらは、2021年9月に新しく発売されたプラズマクラスター加湿器「HV-P30」です。

こちらは、2021年1月に発売された新しいプラズマクラスターイオン発生機「IG-NX15」です。それぞれのボタンが「 IG-NX15 」で検索をかけたページへつながっています。カラーはホワイトとブラックがあります。

調べたところ、この交換用加湿フィルター「HV-FY3」は私の「HV-Z30CX」にも2021年発売の「HV-P30」にも対応しています。それぞれのボタンが「 HV-FY3」 で検索をかけたページへつながっています。画像の「送料無料」の文字は画像を使用させていただいている「ベストワン」さんに該当します。

それぞれのボタンが「クエン酸 激落ちくん」で検索をかけたページへつながっています。泡タイプのスプレータイプなども出てきましたよ。

それぞれのボタンが「重曹 激落ちくん」で検索をかけたページへつながっています。泡タイプのスプレータイプなども出てきましたよ。

こちらは6月ごろから8月ごろまで本棚付近で活躍する除湿機です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次