録画(ダビング)したブルーレイディスクの収納どうしてる?私の場合をご紹介。

「ニトリ マルチラック リモブ30」や「Seria(セリア・100円均一ショップ)」のカゴやインデックスを使用して録画したブルーレイディスクの仮置き場にしている画像です。

なんとニトリの押入れ用のマルチラックなんです!「マルチラック」は一時的な保管場所で、
ある程度ブルーレイディスクが溜まったら、スペースの節約のためにファイル式に移し替える予定です。
「マルチラック」の他に、移し替える予定の「ファイル式のケース」や、使用している「カゴ」や「インデックス」と「録画リストの作成例」を紹介しています。

宝塚歌劇やアイドルなど好きな芸能人がいる人や、テレビを見ることが好きだと、

後で何度でも見返すことができるようにと、ハードディスク(HDD)やブルーレイディスクに録画(ダビング)しますよね。

だけど、放送されたものを順番に録画(ダビング)して、その順番のまま収納してしまうと、

後から見返したい時に「見たいものがどこにあるのかわからない」といったことになったことはありませんか?

ということで、後から見たいブルーレイディスクを探しやすくするための、私が考えた収納方法をご紹介します。

「Yahoo!ショッピング」のボタンは「ニトリYahoo!店」、「楽天市場」のボタンは「ニトリ楽天市場店」の「」(これから紹介するラックの新しいタイプ)の商品ページへそれぞれつながっています。

クリックできる目次

ブルーレイディスク収納を考えることになったきっかけ

私の趣味は、宝塚歌劇の舞台を「タカラヅカ・スカイ・ステージ(通称:スカステ)」

という宝塚歌劇専門チャンネルで観劇することです。

宝塚歌劇は、私にとってはとても魅力的な存在で、

1人のスターさんと言わず何十年も昔の舞台からさかのぼって観てみたくなります。

当初は好きなスターさんにしぼって録画をしていました。

しかし、このご時世などで視聴できる時間が増え、録画しても無駄にはならない状況になってきました。

それで、好きなスターさんが出演していない興味のある作品などの録画もおこない始めました。

そして、録画をすれば、ブルーレイディスクは増えていくので、録画することと同時に収納方法も考えなければと思いました。

「Yahoo!ショッピング」のボタンは「ニトリYahoo!店」、「楽天市場」のボタンは「ニトリ楽天市場店」の「マルチラック(リモブ2 D73)」(この記事で紹介しているラックの新しいタイプ)の商品ページへそれぞれつながっています。

私がブルーレイディスクを収納するラックに巡り合うまで

まずは、宝塚のファンの方やアイドルのファンの方が、収納方法を紹介されているかもしれないと思い、

インターネットで検索しました。

ですが、自分が「これだ」と思うものは見つけることができませんでした。

それで、

「これは自分の部屋の状況や、自分が収納していきたい方法に合わせて収納グッズを探していくしかない」

と思い、「ブルーレイディスクの収納」というワードにとらわれずに探していくことにしました。

「Yahoo!ショッピング」のボタンは「ニトリYahoo!店」、「楽天市場」のボタンは「ニトリ楽天市場店」の「マルチラック(リモブ2 D73)」(この記事で紹介しているラックの新しいタイプ)の商品ページへそれぞれつながっています。

ブルーレイディスク収納で重要視したポイントは

私が必要だと思った2つのこと(録画リストの作成・仮置き場)

まず、私は「タカラヅカ・スカイ・ステージ」の番組を録画することがメインです。

「タカラヅカスカイステージ」は、何十年も昔の公演から最近の公演までを、まんべんなく放送されます。

そして、放送される公演は

「宝塚大劇場での公演(ブルーレイディスク収録公演と千秋楽公演※1)」

「東京宝塚大劇場での千秋楽公演※1」のほかに役替わり公演など

1つの公演で何種類もあります。

※1「千秋楽」とは最終公演日のことです。

それらを、録画していこうとすると、とてもたくさんのブルーレイディスクが必要になります。

そして、録画した順番に並べてしまうと、公演日順ではないので、後で観たい時に探すのが大変になってしまいます。

だから、私は、まず1枚に1つの公演をまとめようと思いました。

(「タカラヅカ・スカイ・ステージ」内で公演の関連番組の放送などもあり、そこまでを含めると、必ずしも1枚にまとまらないこともあるので、具体例はあげるのがまだ難しいです。)

また、たくさんの公演を録画するので、どの公演を録画したのかチェックしていくリストが必要だと思いました。

そして、公演日順に並べてブルーレイディスクをファイル式で収納した方が、後々困らないだろうと思いました。

その前の段階として、とりあえず並べておける仮置き場としての取り出しやすいラックが必要だなと思いました。

「Yahoo!ショッピング」のボタンは「ニトリYahoo!店」、「楽天市場」のボタンは「ニトリ楽天市場店」の「マルチラック(リモブ2 D73)」(この記事で紹介しているラックの新しいタイプ)の商品ページへそれぞれつながっています。

プラスチックケースでは場所を取るので、後々ファイル式に移し替える予定です。

黒い色は一般的に紫外線を通しにくい色ということです。

ブルーレイディスクの保存には「直射日光に気を付けること」とはありました。

「紫外線」については触れられてはいませんでしたが、

自分なりに考えてファイルケースの色も黒をすでに購入しています。

「PayPayモール」は「サンワダイレクトPayPayモール店」の 「200-FCD047BK」 の商品ページへ(2個で送料無料)、
「楽天市場」のボタンは「サンワダイレクト楽天市場店」の 「200-FCD047BK」 の商品ページへ(3,000円以上で送料無料)、
「Amazon」と「サンワサプライ直営サンサダイレクト本店」ボタンは 「200-FCD047BK」 の商品ページへつながっています。

明るい色がいい方はこちらへどうぞ。色は「クリア」になります。128枚収納することができます。

キャスター付きであること

私の部屋にも収納スペースは限りがあるので、キャスター付きで移動が簡単なものがいいと思いました。

「ブルーレイ ラック」や「DVD ラック」などで検索しましたが、しっくりくるものはありませんでした。

そして、自宅にある押入れに収納する2段のラックが私のイメージしているものに近く、「押入れ収納」で色々なサイトを見て回りました。

そこで、ニトリさんの押入れ収納のラック『』を見つけました。

「Yahoo!ショッピング」のボタンは「ニトリYahoo!店」、「楽天市場」のボタンは「ニトリ楽天市場店」の「マルチラック(リモブ2 D73)」(この記事で紹介しているラックの新しいタイプ)の商品ページへそれぞれつながっています。

ニトリ マルチラックリモブ30 の特徴・使用している他のグッズについて

録画したブルーレイディスクを「ニトリ マルチラック リモブ30」に収納した画像です。
↑いつもは下段までドラマ・アニメ・ドキュメンタリー・バラエティ・音楽番組などで埋まっています。

この「ニトリ マルチラック リモブ30」は、ブルーレイディスクを収納するのにジャストフィットの設計なんですよ!

自分で発見して感動してしまいました。

Seria(100円均一ショップ)に売られているカゴが上下それぞれ4つずつピッタリと収まります。

カゴには厚さ5mmのケースが最大50枚(取り出せるぐらいのゆとりをもたせると48枚)が入ります。

私が使用しているブルーレイディスクは「」です。

5枚入りや10枚入りを購入するよりはお得に購入できますし、私の場合は大量に必要になるだろうと思っているので、いつもこちらを購入しています。

私の購入した「マルチラック リモブ30」は上段のネットは取り外せないのですが、最近発売されいる「」は上段の前面のネットを取り外して使用することもできるようです。

仕切りには、Seriaで購入したインデックスをカゴに収まるサイズにカットして、ラベルシールはテプラで作成して使用しています。

録画したブルーレイディスク収納のカゴの中のインデックス(仕切り)の元となる「Seria(セリア・100円均一ショップ)」で購入した「PPカラーインデックス」の画像です。
↑録画したブルーレイディスク収納のカゴの中のインデックス(仕切り)の元となる「Seria(セリア・100円均一ショップ)」で購入した「PPカラーインデックス」です。 組カラーとしては揃いませんが、カラフルで丈夫で気に入っています。
録画したブルーレイディスクの整理で使用するSeria(セリア・100円均一ショップ)で購入したカゴの画像です。
↑カゴもSeriaで購入しました。

ニトリ マルチラックリモブ30 のメリット

下段の前面はネットがないので、取り出しやすい

上段は上から見下ろせば、何の障害もなくブルーレイディスクを取り出すことができますが、下段の場合は、もし全ての面が囲われていると、上段の底に引っかかったりしながら、下段のカゴを持ち上げて外に取り出して、カゴの中を探すという手間が発生していたことでしょう。しかし、こちらのラックは1面が開いているので、下段のカゴの中身をよく見て取り出したい時は、カゴをストレスなく手前に引いてブルーレイディスクを探すことができます。

キャスター付きで動かしやすい

私の部屋の壁際は、もう他のキャビネットなどで埋まっており、壁際で使用できないので、前後左右に動かしやすいキャスターがついていることも条件でした。

キャスター付きなので、壁際の本棚の前に置いていますが、必要に応じて引っ張るだけで奥の本も取り出せますし、掃除機をかける時も移動させるのが簡単です。

高さが低いので圧迫感がない

何も物を収納していない状態の「ニトリ製マルチラックラック リモブ30」の画像です。
↑何も物を収納していない状態の「ニトリ マルチラックラック リモブ30」です。

ブルーレイディスクをたくさん収納することができれば、より心に余裕もできるとは思いました。

ですが、自室の部屋に仮置き場として置いておこうと思っていたので、あまり高さのあるラックだと圧迫感が出て心地よくないだろうなと思い、自分が座って生活した時の目の高さより下に来る高さまでのラックで探しました。

ニトリ マルチラックリモブ30 のデメリット

デメリットというか、ブルーレイディスクを収納する目的で使用していての要望になると思います。

ブルーレイディスクの収納という目的で、この「ニトリ マルチラック リモブ30」を使用した場合、中央部分にまだスペースがあります。

よかったら、ここにもう1段あればブルーレイディスクをもっと置いておけるのになあと思っている所でした。

録画リストについて

著作権などの関係もあるようで宝塚歌劇の全ての公演が 「タカラヅカ・スカイ・ステージ」 の中で放映される訳ではありません。

ですが、私の場合は、たくさんの宝塚歌劇の舞台を観たいという気持ちがあります。

ですから、放映がなければ録画日を記入しないだけで、放映の可能性のないタイトルも含めて、組ごと、1年ごとに1ページに記入していきました。

公演一覧は「宝塚歌劇団 公演一覧」で検索しました。

宝塚歌劇団の公式ホームページには公演バックナンバーとして1999年以降のリストが掲載されています。

それ以前の公演については、「Wikipedia」を参考にしました。

(「Wikipedia」は宝塚歌劇団の公式なホームページではありませんので、誤った情報も掲載されているかもしれないことをご理解の上で利用されてください。)

ですが、「Wikipedia」に上演記録が記載されているからこそ、私のような新しく宝塚歌劇団のファンになったものが助かっています。

ありがとうございます。

宝塚歌劇団は100年以上の歴史があるため、創成期からリストを作ろうとするとキリがないと思い、ひとまず、自分の好きなスターさんの在団期間からリストを作ることにしました。

そして、録画した年代のリストをまだ作成していなければ、順次増やしていくようにしています。

「TAKARAZUKA・SKY・STAGE(タカラヅカ・スカイ・ステージ)」の録画した作品を記録しておくための表の見本です。1年ごと組ごとに1ページに記入しています。
↑録画リストの見本です。私はこれをB5のルーズリーフに手書きで書いています。
「新公」とは「新人公演」のことです。「全ツ」とは「全国ツアー」のことです。
「シーキュー」とは「テレビを買い替えても見ることができるSeeQvault対応ハードディスク(HDD)(条件有)」のことです。

タカラヅカ・スカイ・ステージの番組表について

タカラヅカ・スカイ・ステージ」の番組表は「キャトル・レーヴ」という宝塚歌劇団の公式ショップなどで無料で配られている「TCA PRESS」という冊子や「宝塚GRAPH」という宝塚歌劇団の月刊誌(有料)にも掲載されています。

しかし、「TCA PRESS」が設置されている場所は限られていますし(年間1,200円支払えば郵送もしてもらえます。)、ブルーレイディスクの管理の上に月刊誌も毎月購読するとなると、更に収納場所や資金の余力が必要になってしまいます。

(月刊誌を毎月購読されていらっしゃる方々すみません。本当は毎月購入したい気持ちはあるのですが、私は、月刊誌は自分が買いたい時だけ購入するタイプです。)

ですが、スマートホンやパソコンがあれば「タカラヅカ・スカイ・ステージ」の公式サイトから番組表を見ることも印刷することもできます。

自分の好きなスターさんの名前で検索することもできますよ。

私は「EPSON Colorio EP-982A3」というA3まで印刷できるプリンタを使用して毎月番組表を印刷しています。

A3まで印刷できる割にコンパクトで気に入っていますよ。

スマートホンやiPhoneから直接印刷することもできる機能もついています。

ブルーレイディスク収納問題についてまとめ

物を持たないことを好む方から見たら、「そんなに録り溜めてお金の無駄遣い」だとか理解してもらえないことがあると思います。

私も本当は必要最低限の物だけで生活する暮らしに憧れています。

ですが、その「必要最低限の物」ですら、人それぞれ違うのではないかといつも思っています。

自分が「これが大事だ」と思えば、まわりに振り回されずに大事にできるといいなと思います。

だから、今の私はブルーレイディスクがどんなに増えようと、

・生活に困るほど趣味にお金をつぎ込まなければ、趣味は生活に潤いを与えてくれる

・どこになにがあるのかわかるように収納し、取り出せるようにできていればOK

という気持ちで生活しています。

この記事がどなたかの参考になれば幸いです。

「Yahoo!ショッピング」のボタンは「ニトリYahoo!店」、「楽天市場」のボタンは「ニトリ楽天市場店」の「マルチラック(リモブ2 D73)」(この記事で紹介しているラックの新しいタイプ)の商品ページへそれぞれつながっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次