とにかくかわいい★『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』の口コミ・特徴・ACアダプタは必要か?

『KING JIM(キングジム) ラベルライター「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)コーラルピンク 「商品番号:SR-GL2 ヒン」』を側面から見た画像です。
『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ)
SR-GL2(ガーリーテプラ2)コーラルピンク
(商品番号:SR-GL2ヒン)』を
側面から見たところです。
  • 「ガーリーテプラ2」のかわいい外観の特徴
  • 「ガーリーテプラ2」を使用したり調べて感じた外観や機能面でのメリット・デメリット
  • 1年以上使用し続けている素直な感想

などを主に掲載しています。その他に、「目次5 購入に迷ったラベルライターは?」に「リラックマのテプラ」、「目次8『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』のデメリット」の中の「目次8-2 スマートホンやパソコン対応ではない」の中には「スマートホンで操作できるテプラ」の簡単な紹介があります。

それぞれのボタンが
『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』の
商品番号である「SR-GL2」で検索をかけたページへつながっています。

クリックできる目次

』を購入しようと思ったきっかけは?

2020年の夏に、私の都合で時間に余裕ができたので、部屋の大掃除と模様替えをすることを決意しました。

それまで私は、すっきりとした所で過ごしたいという気持ちはあるものの、

もったいなくて物は捨てられないし、

もったいなくて収納グッズも買うことができず、

物と一緒にストレスも溜め込む生活を送っていました。

ところが、収納のノウハウの情報を収集するうちに、整っているように見えるルールとして、

同じように揃っていること

というものが多く目に入りました。

「ラベルライター」は高級品で、

見出しなんてペンで書けば安く済むから、わざわざ買わなくていい

とそれまでの私は思っていました。

ですが、「同じように揃って」見えるように、

手書きで同じ幅、同じ大きさで字を書き続けるのは、私には難しい

と思い、「ラベルライター」を購入しようと思いました。

それぞれのボタンが
『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』の
商品番号である「SR-GL2」で検索をかけたページへつながっています。

「テプラ」とは?

キングジム製のラベルライター「テプラ」を使用して作成したラベルシールの作成例です。バインダーに18mm幅テープカートリッジを使用して作成した見出しを貼っています。
『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』を使用して作成したテープの作成例です。
一部だけ改行できる機能もありますよ。(幅18mmのカートリッジ「SS18K」を使用)

「テプラ」とは、「株式会社キングジム」さんから発売されている「ラベルライター」の名称です。

専用のテープカートリッジをセットして、文字や登録されている記号や枠などを指定して印刷ボタンを押すと、その指定した文字や記号が印字されたテープを作ることができるという機器です。

それぞれのボタンをクリックすると、白地に黒文字の幅18mmのテプラPROカートリッジの型番である「SS18K」で検索をかけたページへつながっています。

「キングジム」とは?

「株式会社キングジム」さんは、1927年に創業された本社を東京都に置く会社です。(参考:株式会社キングジム トップページURL:https://www.kingjim.co.jp/会社概要URL:https://www.kingjim.co.jp/company/outline/)

「キングファイル」というバインダーが有名で、おそらく日本中の多くの会社のキャビネット(書類を入れる棚)に「キングファイル」が収まっているのではないかと思います。

それぞれのボタンをクリックすると、「キングファイル」で検索をかけたそれぞれのショッピングサイトのページへつながっています。

この『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』の記事を書くために「株式会社キングジム」さんのホームページを拝見したのですが、「キングファイル」や「テプラ」だけではなく、オフィスや自宅でもデスクワークがはかどるようなたくさんの商品を開発されてありました。

『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』 をどのようにして知ったか

まず、以前の職場で「テプラ」が使用されており、「テプラ」の存在は知っていました。

そして、どういった種類があるのかと思い、

インターネットで「家庭用 テプラ」と検索をかけて

』を知りました。

「ラベルライター」を買う際に重要視したポイントは?

『KING JIM(キングジム) ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』で使用することができる中の一部のテープカートリッジの外箱の画像です。(「4㎜」~「18㎜」まで)
私が『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』で使用しているテープカートリッジの外箱です。
『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』は、「4mm~18mm」までのテープカートリッジを使用することができます。テープカートッリッジの種類は「りぼん」や「マスキングテープ」や「黒地」など他にもたくさんの種類があります。

「フラットファイル」と「バインダー」の見出しとして、ちょうどよい幅の「テープカートリッジ」に対応していること

最初の目的は「フラットファイル」と「バインダー」の見出しを作成するためでした。

私は、A3,A4,B4,B5などバラバラのサイズの書類を持っていて、

今までは書類をそのまま紙袋の中にしまい込んでいました。

しかし、そのままではどこに何があるのかもわからないし、見返すことができないと思いました。

そして、その書類は私にとって必要な物で、今後見返す必要がでてくると思ったので、

「フラットファイル」や「バインダー」 にとじていこうと思いました。

「フラットファイル」や「バインダー」 にとじるにあたって、

小さい方のサイズに合わせて縮小して大きさをそろえれば、収納場所の節約にもなります。

そして、統一感も出すことができます。

それで、家庭用プリンターを使用して書類のサイズの拡大・縮小を行うことにしました。

私が書類の拡大・縮小印刷に使用したプリンターは、

A3やB4サイズの印刷も行うことのできるインクジェットプリンター

EPSON Colorio EP-982A3(←このブログ内の別の記事へリンク)」です。

そのため、「幅12mm」と「幅18mm」などの、

「フラットファイル」と「バインダー」にバランスよく貼ることのできるテープカートリッジが対応

していることを重要視しました。

テープカートリッジの収納について

テープカートリッジを収納することができるケースも「株式会社キングジム」さんからも発売されています。
ただ、発売されているテープカートリッジの種類も豊富ですし、
私が今後どのくらいの種類のテープカートリッジを購入するのか目安が定まっていません。
それで、今のところスチールラックの一番上の段の一部をテプラのスペースにしていて、
そこにテープカートリッジを平積みにしている状態です。
ある程度時間が経ったら、テプラ本体やテープカートリッジをまとめて収納できるケースも自分が使用する量取り出しやすさを考えながら購入したいと思っています。

こちらは「株式会社キングジム」さんから発売されている幅12mmのテープカートリッジなら40個収納することができるケースです。ケースの中に4つのボックスがありその中にテープカートリッジを収納します。

購入に迷った「ラベルライター」は?

↑写っている『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL1(ガーリーテプラ1)』のカラーの種類は「シェルピンク」です。

『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』より先に発売されている、
』も見てみましたが、
「ガーリーテプラ2」の方が、見た目が圧倒的に好みでした。(あくまでも私個人の感想です。)

こちらはリラックマの絵文字もたくさん入った『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO 「SR-RK2」』です。「ガーリーテプラ2」よりお安いですし、「ガーリーテプラ2」と同じ最大「18mm」のテープカートリッジまで使用することができます。

そして、「リラックマ」の絵文字のたくさん入った「テプラ」も発売されています。
私は「リラックマ」も好きなので、「リラックマ」がデザインされた「テプラ」を初めて見た時は、「かわいい!!」と思いました。
ですが、私の「テプラ」の購入の目的である「書類の整理のための見出しの作成」を考えた時に、「リラックマ」の絵文字を使用するのか?と考えました。「見出し」はごちゃごちゃしないように見やすくシンプルにしたかったので、絵文字はあまり使わないだろうと思いました。
それに、「リラックマ」の柄が入ったテープカートリッジも販売されていて、「リラックマ」を使いたくなったら「リラックマの柄が入ったテープカートリッジ」を購入すればいいということにして自分を納得させました。

それぞれのボタンが「PROテープカートリッジ リラックマラベル」で検索をかけたページへつながっています。

それと、「リラックマ」の絵文字を使ったラベルをどこに貼るのか、自分の中で思いついた時に「リラックマ」の「テプラ」本体は購入してもいいのではないかと思いました。
それで、やっぱり今私が購入すべき「テプラ」は「ガーリーテプラ2」だと思いました。

『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』 の特徴

キングジム製のラベルライターである「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)のファスナーを開けて正面から撮影した画像です。
縫製カバーのファスナーを開けて正面から見たところです。
キングジム製のラベルライターである「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)の寸法を伝えるための画像です。
縫製カバーを閉じた状態で寸法を計測しました。

とにかくかわいい外観

なにを「かわいい」と思うのか、定義は人それぞれだとは思います。
これはあくまでも、私が思う「かわいい」と
「株式会社キングジム」さんが製作された「ガーリーテプラ2」のデザインの「かわいさ」が一致したということです。ということで、私の思う「ガーリーテプラ2」のかわいい外観の紹介です。

キルトのようなぷっくりとした縫製カバー

『KING JIM(キングジム)ラベルライター「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)』のエンボス加工が施されたぷっくりとした縫製カバーです。
『KING JIM(キングジム)ラベルライター「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)』のキルトのようなぷっくりとしたエンボス加工が施された縫製カバーです。
キングジム製のラベルライターである「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)のキルトのような縫製カバーの接写画像です。
縫製カバーの拡大画像です。

このキルトのようなぷっくりとした生地でできた見た目のかわいさに、少し値が張っても迷わず
』を選びました。

「ゴールド」のファスナーに「ピンク」のリボンという心躍る組み合わせ

『KING JIM(キングジム) ラベルライター「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)コーラルピンク 商品番号:SR-GL2ヒン』のゴールドのファスナーとキレイなサーモンピンクのリボンです。
『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)コーラルピンク 商品番号:SR-GL2ヒン』の
「ゴールド」のファスナーとキレイな「サーモンピンク」のようなリボンです。
ピンクのリボンとゴールドのファスナーがとてもかわいいです!

ファスナーは「シルバー」だときっと味気なかったと思います。
「ゴールド」というところが、かわいさを倍増させています!
リボンの色も濃いピンクではなく、サーモンピンクのような色が上品です!
カラーが「クリーム」の方のリボンの色はホワイトです。

それぞれのボタンが
『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)クリーム』の商品番号である「SR-GL2 クリ」で検索をかけたページへつながっています。

「カバー内側のポケット」が意外に便利

『KING JIM(キングジム)ラベルライター「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)』の意外と便利な内側ポケットの画像です。
『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)』の縫製カバーを開くと、
左下の方に「内側ポケット」が縫い付けられています。 私は同じシールを何枚も作っておく時は、
100円均一ショップで購入した「チャック付収納バッグ」に種類ごとに分けて「内側ポケット」に収納していますよ。

この『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2) 』を購入するまでは、

「内側ポケット」の重要性に気づいていませんでした。

ですが、スケジュール帳やカレンダーなどにもラベルシールを貼り始めたのですが、

その時に「内側ポケット」がとても便利だということに気づきました。

同じ種類のシールを何枚も作ってストックしておく時などは、

この「内側ポケット」に収納して保管することができて非常に便利です。

そして、私の知る限り内側ポケットが取り付けられた「テプラ」は「ガーリーテプラ2」以外に見たことがないので、

「ガーリーテプラ2」だけの特徴だと思います。

それぞれのボタンが
『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』の
商品番号である「SR-GL2」で検索をかけたページへつながっています。

『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL1(ガーリーテプラ1)』との違い

こちらに掲載していた「ガーリーテプラ2」と「ガーリーテプラ1」の比較仕様表は、
【違いってなに?】ガーリーテプラ2(SR-GL2)とガーリーテプラ1(SR-GL1)という新しい記事に移動しました。
比較仕様表を基に簡単な操作方法や用語の説明などを加え、より詳しく書き直しました。

『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』のメリット

「ガーリーテプラ2」にしかないメリットもありますが、私が便利だなと思ったものや便利だと思う人がいるかもしれないメリットを紹介します。そのため他のテプラにも搭載されている機能も含まれています。

内側ポケットが意外と便利!

特徴の部分でも触れましたが、内側ポケットは「ガーリーテプラ2」にしかないメリットだと思います。
まず、カバーのついたテプラを私は今まで見たことがないので、他のテプラにはポケットは無いのではないでしょうか。
複数のラベルシールを作成して保管する時にとても助かっています。

全消去ボタンがある

キングジム製のラベルライターであるテプラ PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)の操作パネルの右端にある全消去ボタンの接写画像です。

「ガーリーテプラ2」には、電源を落としても1つ前に使用したデータを残しておいてくれる機能がついています。
この機能はこの機能で一度印字してテプラの電源を切った後に、また少し修正がしたいなどという時に、また前回と同じ文字や記号を最初から入力しなくていいので、とても便利です。
ですが、新しいラベルシールを作成する時には、前回作成した文章の削除から始めなければなりません。

しかし、「ガーリーテプラ2」は長いラベルシールを作成した後に、新たに違うラベルシールを作成したい時に消去ボタンを長押しや連打することなく、シフトボタンを押しながら、赤い文字で「全消去」と書かれたボタンを押すと、一瞬で前回作成した文章を全消去することができます。

フォントの種類が8種類ある

キングジム製のラベルライターである「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)の外箱の底面に記されたフォントの見本を抜粋した画像です。
「ガーリーテプラ2」の外箱の底面に記載されているフォントの見本です。

最近のテプラは「スタンダードモデル」以上はパソコンと接続できる仕様になっていて、株式会社キングジムさんの公式ホームページに掲載されているそれぞれの取扱説明書を確認したのですが、フォントの種類は記載されていませんでした。
エントリーモデルとホームモデルのうち「ガーリーテプラ1」と「ガーリーテプラ2」は、フォントが8種類搭載されています。
それ以外の機種の搭載されているフォント数は全て3種類でした。(2022年2月11日現在)

文章を登録して、呼び出すことができる

キングジム製のラベルライターであるテプラ PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)の操作パネルの左下部分にある「ファイル・フォーム」ボタンの接写画像です。
文章の「登録」・「呼出」には最初に「ファイル・フォーム」ボタンを押します。

私は、スケジュール帳にもテプラで作成したシールを貼ることがあります。
スケジュール帳に貼るシールは、いつも同じ名称なので登録しておいて呼び出すせるようにしておけば、「何度も同じ文字を打ち込んで変換して」という手間が省けて便利です。
また、スケジュール帳を少しでもかわいく彩ろうと、予定の名前に加えて絵文字や記号を添えても毎回簡単に呼び出してシールにすることができるので、苦になりません。

読み方のわからない漢字は番号で呼び出すことができる

キングジム製のラベルライターであるテプラ PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)で読み方のわからない漢字を呼び出すためのコード入力画面の画像です。

読み方のわからない漢字でも「シフト」ボタンを押しながら「あ・ア・A・a」ボタンを押すと、「コード入力」の画面が表示され、コードを入力すると呼び出したい漢字を呼び出すことができます。
入力できるコードの種類は「区点コード」「JISコード」「シフトJISコード」です。
取扱説明書には「JIS第2水準」の区点コードが掲載されています。

読み方がわからない時や、変換しても出てきてほしい漢字が出てこない時にいいですね。
ちょっと調べる手間はかかりますが、正確な文字入力ができますね。

指定した長さでテープ送りをすることができる

長さを指定して文章や文字や絵文字の間隔を指定することができます。
「りぼん」に文字を印刷するときなどにいいですね。

外箱までかわいく、収納ケースとしても使用することができる

キングジム製のラベルライターである「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)の外箱を正面から撮影した画像です。
キングジム製のラベルライターである「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)の外箱を開けて中を撮影した画像です。

『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』は外箱のデザインまでかわいいです。
そして、開けやすく閉めやすいので、私は「ガーリーテプラ2」の本体の収納ケースとしても使用しています。
また、テープカートリッジも2つまでなら一緒に収納できそうなスペースがあるので、テープカートリッジをそんなにたくさん購入する予定ではない方は、この箱に収納すれば「ガーリーテプラ2」も「テープカートリッジ」もひとまとめに収納することができて便利ですね。


その他、「ガーリーテプラ2」でできることは、
【違いってなに?】ガーリーテプラ2(SR-GL2)とガーリーテプラ1(SR-GL1)という記事の中に、簡単な操作方法と一緒に紹介しています。

『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』のデメリット

私としては、印字の精度は少し気になりましたが、他の2点については「もしかしたら気になる人がいるかもしれない」という視点で書いています。

キーが小さい

キングジム製のラベルライターである「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)の文字ボタンの縦と横の長さを伝えるための文字ボタンの接写画像です。

「ガーリーテプラ2」の文字ボタン1つの横の長さは「約12mm」縦の長さは「約5mm」です。
きっとできるだけコンパクトに、でもキーも打ち込むことができるギリギリのサイズで「ガーリーテプラ2」は製作されたのだろうと思います。(←憶測です。)私はスマートホンも小さい物が好きで、この小さくまとめられているところもちょっと「ウキウキ」してしまうぐらい好きなところですし、私には丁度いい大きさです。
ですが、きっと人によってはキーが打ちにくいんじゃないかなと思うこともあります。
お子さんや手が小さい場合は、丁度いい大きさかもしれませんね。

スマートホンやパソコン対応ではない

この「ガーリーテプラ2」は「ピッとコード印刷機能」という機能を使用する場合のみ、iPhoneなどと接続することになります。
「ピッとコード印刷機能」とは?
【違いってなに?】ガーリーテプラ2(SR-GL2)とガーリテプラ1(SR-GL1)という記事の「8-3ピッとコード印刷機能」に記載しています。

しかし、通常の文字入力の際に、スマートホンやパソコンと接続できる機能は搭載されていません。
きっとこの「ガーリーテプラ2」が発売された後に他のスマートホン専用テプラやパソコンと接続可能なテプラが発売されているのだと思います。
「スマートホンやパソコンと接続して使用したい」と思っている方は、そちらを検討されることになりますね。

それぞれのボタンがスマートホン専用のキングジム ラベルプリンター 「テプラ」PROの商品番号である「SR-MK1」で検索をかけたページへつながっています。カラーは「ベージュ」と「カーキ」があります。それぞれのボタンをクリックすると、どちらのカラーも表示されます。

私は、スマートホンやパソコンと何でも接続することは好まないので、
そして、テプラを使用する目的は「シンプルな見やすい文字で家庭のファイルを整理すること」なので、
むしろスマートホンやパソコンと接続できるテプラは機能が私には多すぎます。
だから、本当に「ガーリーテプラ2」を買ってよかったと思っています。

それぞれのボタンが
『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』の
商品番号である「SR-GL2」で検索をかけたページへつながっています。

「ガーリーテプラ2」もなんならもっと機能は少なくてもいいぐらいです。

ホームモデル以外の機種と比較すると印字の精度は低い

「ガーリーテプラ2」の「サーマルヘッド」の「dot数」は96dotです。「ガーリーテプラ2」以外のホームモデルよりは印字の精度は高い(他は64dot)ですが、ホームモデル以外のテプラはdot数が128~384と2倍前後高い数値です。
ですが、私は「ガーリーテプラ2」の印字が見にくいと思ったことはなく、この数値で十分だと思っています。

「サーマルヘッド」や「dot数」とはなにか?については
【違いってなに?】ガーリーテプラ2(SR-GL2)とガーリーテプラ1(SR-GL1)の記事の中の、
『目次5 「ガーリーテプラ2」の方がdot数が「96」と多い』に掲載しています。

『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』を使用したラベルシールの作成例

記事を分けて1つの記事の容量を軽くした方が、より多くの方の目に留まる機会が増えると思いました。
そのため、「作成例」については
整理整頓の必需品!『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』の使用例という記事に移動させました。

「ACアダプター」は必要か?

キングジム製のラベルライターである「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)のACアダプタを差込む場所がある背面の画像です。
『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』のACアダプタの差込口は背面にあります。

この『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』は、2way電源で、
「電池」でも「ACアダプター」でもどちらでも使用することができるので、
「ACアダプター」とセットで購入した方がいいのかどうかを考えてしまいますよね。

私は、電池のみで使用していますよ。

『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』を購入する時は、
「ACアダプターとセットで買っておいた方がいいのか?」と一瞬考えたのですが、
私の部屋はテレビ周りの「ACアダプター」で電源タップが埋まっているし、

テプラ」を使用する時は数分であることが多いので、電池での使用で十分だろうと判断しました。

Seria(セリア・100円均一ショップ)で購入した「単三乾電池が12本2段に分けて収納できる」電池ケースです。
Seria(セリア・100円均一ショップ)で購入した「単3乾電池が12本2段に分けて収納できる」電池ケースです。
私の購入した「Seria(セリア)」では、CDケースなどの売り場の近くの見えないような細い棚にひっそりと置いてありましたよ。
私はいつも電池を使用しない時はこの中に収納しています。

ですが、電池切れの心配をしたくないという方は「ACアダプター」も一緒に購入しておくと安心ですね。

それぞれのボタンが「SR-GL2 ACアダプタ付き」で検索したページへつながっています。

『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』 の総合評価

キングジム製のラベルライターである「テプラ」PRO SR-GL2(ガーリーテプラ2)の書体の見本や機能が書かれている外箱の裏の画像です。搭載されている「絵文字」や「イニシャルマーク」の作成例なども描かれています。
↑『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』の外箱の裏面です。
フォントやフレームの見本が掲載さています。

私はそもそも、この『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』の見た目に一目惚れしてしまっていて、

『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』以外考えられなかったので、

手元に届いただけでとても幸せな気持ちになりました。

なおかつ、

「フラットファイル」と「バインダー」の見出しを作成するために

最適なテープカートリッジ」のサイズには対応していたので、それだけで私は満足です。

他にも、に文字が印字できたりするようです。

クリックすると「紺色」のリボンの商品ページへつながっています。

『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』を購入しようと思っている方へのアドバイス

私は、りぼんに印字する機能を使用する日が来るのかはまだわかりません。
(この記事の中で紹介するために購入してみようかなと現在検討中ではあります。)
だから、「それなら他の安いテプラでもよかったんじゃないの?」と誰かに思われるかもしません。
だけど、自分の使用目的が達成できる機能が入っている「テプラ」であれば、自分の貯金と相談して、あとは自分の好みで選んでかまわないと思います。

そういう訳で、

『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』の見た目のかわいさだけでも、

私の所有欲は大変満たされています。

それに、購入して1年以上が経ちましたが、

一時的な利用ではなく、用途の幅も次第に広がり、思いついては「ガーリーテプラ2」を取り出してきて使用しているので、買ってよかったと大変満足しています。

「ガーリーテプラ2」を購入すると「明日のご飯を買うお金がなくなる」とか「1ヶ月の収支がマイナスになる」という人には、「ガーリーテプラ2」が購入できる金額が貯まってから買いましょうと伝えたいですが、そうでなければ、自分の使いたい機能さえ入っているのであれば、好きなデザインの「テプラ」を購入していいということを伝えたいです。

また、「ガーリーテプラ2」は「お名前タグ」を簡単に作成することができるという特徴があります。

「目次8-1 お名前タグ印刷機能」に簡単な説明があります。

そのため、子供さんのいらっしゃる方が購入するとその機能を十分に使用することができるため、子供さんの持ち物に名前を書かなければならないお母さん向けのような印象になっています。
ですが、お母さんでなくても、この「ガーリーテプラ2」がいいと気に入れば、だれでも買っていいんだということも伝えたいです。

それぞれのボタンが
『キングジム ラベルライター「テプラ」PRO(プロ) SR-GL2(ガーリーテプラ2)』の
商品番号である「SR-GL2」で検索をかけたページへつながっています。

それぞれのボタンが「SR-GL2 ACアダプタ付き」で検索したページへつながっています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次